コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山はね やまはねrock burst

3件 の用語解説(山はねの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山はね
やまはね
rock burst

岩はねともいう。盤圧の開放により急激に地層の一部が破壊する現象。炭壁または岩壁面の近くに盤圧による応力の集中が生じ,壁面の強度以上になったときに破壊が生じるもので,破砕物は塊状が多く微細物は少い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やまはね【山はね rock burst】

地下深部の坑道や採掘切羽で,周辺の岩盤が急激に破壊して,破片が飛散する現象。岩はねともいい,炭層で起これば炭はねと呼ばれることもある。炭鉱で,大量のメタンガスの放出を伴うときは,ガス突出となる。一般に,地下の空洞周辺の岩盤は時間をかけて徐々に破壊していく。しかし,地下深部において,比較的強固で弾性的な挙動をする岩盤が大きな応力を受けて弾性的に変形しているとき,発破や採掘の進行などが引金となって力の平衡が乱されると,広範囲の岩盤が同時に急激に破壊し,大量の弾性エネルギー(ひずみエネルギー)が放出されると考えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山はね
やまはね
rock burst

炭鉱災害の一つで、盤圧により坑道が破壊すること。水中に水圧があるのと同様に、地下深所に岩盤の圧力、すなわち盤圧が作用しており、同じ深さでの大きさは水圧の2.5倍程度と考えられている。そのため坑内の岩盤には強い力が作用し、坑道などが変形縮小したり、壁面が破壊したりする。坑道の壁面岩盤が脆弱(ぜいじゃく)であれば変形破壊は徐々におこるが、周囲岩盤が強固であれば、十分な力のエネルギーを蓄える能力があり、変形も小さい。しかし、耐圧限度に近い大きな盤圧を受けると、小さな刺激でも突然の破壊が生じ、大音響とともに坑道内に破砕岩片がはね出してくる。これが山はねであり、ガス突出とともにもっとも恐れられている炭鉱および鉱山の深部災害の一つである。山はねはトンネル掘削の際にも生ずるが、現在のところ予知もできず、大口径先進ボーリングにより岩盤内圧力を緩めてやるのがおもな防止対策である。[磯部俊郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の山はねの言及

【岩石力学】より

…このような地圧現象の本質を知り,使用中の岩盤内空洞の安全を確保するために,岩盤内のひずみや変位などが観測される。たとえば,岩盤に大きな荷重が作用して,微小な亀裂が発生するときに出る弾性振動(亀裂音)の振幅や発生回数を観測して,坑道周辺の岩盤が突然破壊する山はね現象を予知したり,露天掘鉱山の斜面あるいはトンネルや坑道の壁面の変位,さらには支保に作用する荷重を定期的に観測して,岩盤斜面や岩盤内空洞の安定性を判定し,設計や施工が適切であったことを確認することも,岩石力学の重要な役割の一つである。【西松 裕一】。…

※「山はね」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山はねの関連情報