岡山清信(読み)おかやま きよのぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡山清信 おかやま-きよのぶ

?-1359 鎌倉-南北朝時代の武士。
嫡男清春とともに護良(もりよし)親王につかえる。正慶(しょうきょう)2=元弘(げんこう)3年の清春の戦死後,備前(岡山県)で次男清生と南朝方にしたがう。のち夢窓疎石の弟子となり,清生をともなって周防(すおう)(山口県)で開墾に従事した。延文4=正平(しょうへい)14年2月9日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android