コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡村鳳水 おかむら ほうすい

1件 の用語解説(岡村鳳水の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡村鳳水 おかむら-ほうすい

1770-1845 江戸時代後期の画家。
明和7年3月6日生まれ。丹波亀山(京都府)の人。京都にでて円山応挙にまなび,応挙十哲のひとりにかぞえられた。伊勢(いせ)(三重県)山田の岡村又太夫の養子となり,同地方に円山派の画風をつたえた。弘化(こうか)2年5月4日死去。76歳。本姓は岩佐。名は徽芳(房)。通称は左膳(全)。別号に粛叟。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

岡村鳳水の関連キーワード宋紫岡田中日華小倉東渓小田昂斎木村玉英小浦松園篠嶋元琪鈴木筌斎泉鉄村梅岳