コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡橋治助 おかはし じすけ

2件 の用語解説(岡橋治助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡橋治助 おかはし-じすけ

1825*-1913 明治時代の実業家。
文政7年12月14日生まれ。安政3年木綿商を開業,大阪有数の木綿問屋にそだてる。明治11年第三十四国立銀行(のち三和銀行)を創立,頭取となる。のち天満紡績,日本紡績,大阪鉄道,日本生命など三十数社の創設にかかわった。大正2年11月2日死去。90歳。大和(奈良県)出身。幼名は留吉。通称は油屋治助。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

岡橋治助

没年:大正2.11.2(1913)
生年:文政7.12.14(1825.2.1)
明治期の実業家。大和国十市郡味間村(奈良県田原本町)に農民清七の8男として誕生。幼名留吉。天保13(1842)年より大坂船場の太物商島屋福井忠三郎に奉公。安政3(1856)年島屋から別家し,油屋治助と称して船場船越町で木綿商を開業。明治11(1878)年に第三十四国立銀行の創立にかかわり頭取に就任。20年天満紡績会社を創立して社長になった。31年ごろ木綿問屋を営みつつ,三十四銀行と日本共同銀行の頭取,天満紡と帝国物産の社長,日本倉庫の取締役,大阪鉄道,日本海陸保険,日本紡績,日本火災保険,日本綿花,日本生命保険,河陽鉄道,共同曳船,天満織物の監査役など,大阪府下の多数の会社の重職にあった。日本興業銀行,大阪農工銀行の創立委員や大阪商業会議所の特別議員に就任。41年に隠居して清左衛門と改名。

(阿部武司)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岡橋治助の関連キーワード実業家大和国家大和路今村勤三永田藤平阪本仙次高井仙太郎玉手弘通森本千吉山田安民

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone