コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡田善雄 おかだよしお

3件 の用語解説(岡田善雄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岡田善雄
おかだよしお

[生]1928.3.10. 広島,呉
[没]2008.1.16. 大阪,吹田
分子生物学者。 1952年大阪大学医学部卒業。大阪大学微生物研究所を経て 1972年同大細胞工学センター教授となり,1982~87年同センター長,1990年から財団法人千里ライフサイエンス振興財団の理事長を務めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡田善雄 おかだ-よしお

1928-2008 昭和後期-平成時代の細胞生物学者。
昭和3年3月10日生まれ。47年阪大教授となり,57年同大初代細胞工学センター長。のち千里ライフサイエンス振興財団理事長。センダイウイルスをもちい,生体外で人為的に細胞融合をおこす方法を開発,細胞工学にあたらしい道をひらく。55年学士院恩賜賞,62年文化勲章。日本細胞生物学会会長などをつとめた。平成20年1月16日死去。79歳。広島県出身。阪大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岡田善雄
おかだよしお
(1928―2008)

細胞学者。広島県生まれ。1952年(昭和27)大阪大学医学部を卒業。1972年同微生物研究所細胞工学センター教授、同年「細胞融合現象の解析」で朝日賞を受賞。1979年「HVJによる細胞融合現象の発見と研究」で藤原賞、1980年「細胞融合現象の解析と細胞工学的応用」で日本学士院恩賜賞を受賞。細胞の融合現象の発見から、生体外での細胞融合の条件解明までの研究は、バイオサイエンスやバイオテクノロジーの発展をもたらした。1982年文化功労者、1987年文化勲章を受章。1990年(平成2)より2007年まで千里(せんり)ライフサイエンス振興財団理事長をつとめた。[編集部]
『岡田善雄著『細胞融合』(1971・朝倉書店) ▽岡田善雄著『細胞融合と細胞工学――細胞遺伝学、生理学への工夫と観察』(1976・講談社) ▽岡田善雄講・著『細胞融合と生命科学』(2001・ブレーンセンター)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の岡田善雄の言及

【細胞融合】より

…人為的に試験管内で細胞融合を起こすには,紫外線で不活性化したウイルスや,20~30%の濃度で培養液中に溶解したポリエチレングリコールによる処理が用いられる。ウイルスを用いる方法としては,日本の岡田善雄らが見いだしたセンダイウイルスによるものが最もよく用いられている。ヒト細胞とマウス細胞,マウス細胞とニワトリ細胞など,系統的にひじょうに隔たった細胞間でも融合を起こさせることができる。…

※「岡田善雄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

岡田善雄の関連キーワード森毅加藤進川村二郎斎藤守慶鈴木鷹夫立間祥介田畑麦彦角田達郎藤井公山下和夫

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone