コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡部長職 おかべ ながもと

2件 の用語解説(岡部長職の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡部長職 おかべ-ながもと

1855*-1925 明治-大正時代の大名,官僚。
嘉永(かえい)7年11月16日生まれ。岡部長発(ながゆき)の長男。伯父岡部長寛の養子となり,明治元年和泉(いずみ)(大阪府)岸和田藩主岡部家13代。8年欧米に留学。帰国後,外務省にはいり22年外務次官,23年貴族院議員,30年東京府知事。41年第2次桂内閣の法相となった。大正14年12月27日死去。72歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

岡部長職

没年:大正14.12.27(1925)
生年:安政1.11.16(1855.1.4)
明治大正期の外交官,政治家。父は摂津国(大阪府)岸和田藩主岡部長発。長職は長発のあとを継いだ伯父長寛の養嗣子となり,明治1(1868)年襲封した。4年廃藩置県に伴い,同藩知事を免官となる。8年から16年にかけて欧米に留学。帰国後子爵に叙せられ英国公使館参事官に任じられた。青木周蔵外相の下で次官として条約改正に尽力したが,大津事件(1891)により辞職した。30年から31年にかけて東京府知事在任中に遷都30年祝賀会,市制特例廃止をみたほか,第2次桂太郎内閣司法大臣として大逆事件(1910)を処理している。この間貴族院研究会の幹事として政党勢力の伸長に抵抗した。<参考文献>杉本勝二郎編『国之礎(華族列伝)』

(長井純市)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岡部長職の関連キーワード松岡洋右外交官神崎伊集院彦吉落合謙太郎倉知鉄吉出淵勝次日置益松村貞雄陸奥広吉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone