コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩下方平 いわした まさひら

4件 の用語解説(岩下方平の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

岩下方平

薩摩藩士・勤王家・子爵。薩摩鹿児島生、東京住。通称左次兵衛・佐次右衛門・左二、名は方美、号は南谷。薩摩藩改革派の中堅として活躍。文久2年の生麦事件では家老代として英公使と交渉。参与・大阪府判事等を経て、元老院議官・貴院子爵選出議員となる。明治33年(1900)歿、74才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩下方平 いわした-まさひら

1827-1900 幕末-明治時代の武士,官僚。
文政10年3月15日生まれ。薩摩(さつま)鹿児島藩士。薩英戦争の講和談判の正使をつとめる。慶応元年家老。2年パリ万国博に藩の使節として渡仏。王政復古後,藩を代表して参与となる。のち大阪府大参事などをへて,明治11年元老院議官,23年貴族院議員。明治33年8月15日死去。74歳。通称は左次右衛門。名は「みちひら」ともよみ,別に方美とも。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

岩下方平

没年:明治33.8.15(1900)
生年:文政10.3.15(1827.4.10)
幕末の薩摩(鹿児島)藩士,明治政府の官僚。父は岩下典膳。安政の大獄の最中の安政6(1859)年,江戸にあって水戸浪士と提携し井伊幕政の打倒を図り挫折,帰藩。同年11月,薩摩藩尊攘派ともいうべき誠(精)忠組に参加。江戸詰側用人となり,文久3(1863)年9月,薩英戦争の善後処理につき正使として折衝。慶応1(1865)年家老。同3年1月渡仏,藩の使節としてパリ万国博覧会に臨み薩摩琉球国太守政府の名で出品,外交面で幕府に対抗した。9月帰国。11月島津忠義の率兵上洛に従い,王政復古で誕生した新政府参与、外国事務判事、刑法官,留守次官。明治2(1869)年賞典禄1000石を受ける。以降,京都府権知事,大阪府大参事,元老院議官,貴族院議員。

(井上勲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岩下方平
いわしたほうへい

[生]文政10(1827).3. 鹿児島
[没]1900.8.15. 東京
明治初期の外政家。薩摩藩士で通称は佐次右衛門。藩の精忠組に属した。生麦事件のとき,藩家老の代理としてイギリスとの交渉に加わり,慶応2 (1866) 年には,同藩の海外密航留学生として渡仏。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩下方平の関連キーワード伊地知正治高崎正風高崎五六児玉源之丞鹿児島古薩摩鹿児島県薩摩川内市国分寺町伊地知貞馨大迫貞清高城七之丞

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone