コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩佐東一郎 いわさ とういちろう

2件 の用語解説(岩佐東一郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩佐東一郎 いわさ-とういちろう

1905-1974 大正-昭和時代の詩人。
明治38年3月8日生まれ。堀口大学,日夏耿之介(ひなつ-こうのすけ)にまなび,大正12年第1詩集「ぷろむなあど」を刊行。昭和6年城左門と「文芸汎論」を,21年北園克衛(きたぞの-かつえ)と「近代詩苑」を創刊した。昭和49年5月31日死去。69歳。東京出身。法大卒。詩集はほかに「航空術」「幻灯画」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岩佐東一郎
いわさとういちろう
(1905―1974)

詩人。東京生まれ。法政大学仏文科卒業。北原白秋に傾倒し、堀口大学、日夏耿之介(ひなつこうのすけ)に師事。『パンテオン』などに参加。1931年(昭和6)城左門(じょうさもん)と『文芸汎論(はんろん)』を創刊。第二次世界大戦後も北園克衛(かつえ)と『近代詩苑(しえん)』を編集する。詩風は、軽妙で洗練された知的なウィットがある。詩集は『ぷろむなあど』(1923)以下『神話』(1923)、『幻燈画』(1947)、『裸婦詩集』(1948)など多く、『茶煙閑語』(1937)などのエッセイもある。[高橋世織]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩佐東一郎の関連キーワード尾崎喜八井上康文上田敏雄加藤一夫木村好子国木田虎雄沢ゆき滝口武士ドン ザッキー正富汪洋

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone