コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日夏耿之介 ひなつこうのすけ

7件 の用語解説(日夏耿之介の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日夏耿之介
ひなつこうのすけ

[生]1890.2.22. 長野,飯田
[没]1971.6.13. 飯田
詩人,英文学者。本名,樋口圀登 (くにと) 。文学博士。 1914年早稲田大学英文科卒業。在学中から詩誌『聖盃』を創刊 (1912) して詩作を始め,西条八十とともに新象徴派詩人として認められた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ひなつ‐こうのすけ〔‐カウのすけ〕【日夏耿之介】

[1890~1971]詩人・英文学者。長野の生まれ。本名、樋口国登。神秘的、高踏的な詩風を確立。詩集「転身の頌」「黒衣聖母」、詩史「明治大正詩史」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

日夏耿之介【ひなつこうのすけ】

詩人,英文学者,評論家。本名樋口圀登(くにと)。長野県生れ。早大英文卒。詩集《転身の頌》《黒衣聖母》などにより,ゴシックロマン体と称する荘重幽玄な詩体で大正詩壇に新風を吹きこんだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日夏耿之介 ひなつ-こうのすけ

1890-1971 大正-昭和時代の詩人,英文学者。
明治23年2月22日生まれ。第1詩集「転身の頌(しょう)」で注目され,大正10年「黒衣聖母」でゴシック-ローマン詩体と称する詩風を確立した。早大,青山学院大教授。昭和27年芸術院賞。昭和46年6月13日死去。81歳。長野県出身。早大卒。本名は樋口圀登(くにと)。号は夏黄眠(かこうみん)など。著作に「明治大正詩史」,訳書に「ワイルド全詩」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ひなつこうのすけ【日夏耿之介】

1890‐1971(明治23‐昭和46)
詩人,英文学者。長野県の生れ。本名樋口国登(くにと)。早大英文科卒。在学中から詩作を始め,《聖杯》(のち《仮面》と改題)を出し,同人の西条八十らと大正期の象徴派新人として詩壇に登場,病弱を克服しつつ重厚で幻想的な詩風(ゴシック・ロマン体として有名)の《転身の頌(しよう)》(1917)で注目を浴びる。第2詩集《黒衣聖母》(1921)でその詩風を確立,《咒文(じゆもん)》(1933)で詩業は終結するが,一方キーツをはじめとする英文学の造詣も深く,早大教授を務め,論文《美の司祭》(1939)で文学博士となり,かたわら《鷗外文学》(1944),《荷風文学》《谷崎文学》(ともに1950)などの評論活動も精力的に見せた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ひなつこうのすけ【日夏耿之介】

1890~1971) 詩人・評論家・英文学者。本名、樋口圀登。長野県生まれ。早大教授。詩集「転身の頌」「黒衣聖母」で、自ら「ゴシック-ロマン詩体」と称する高踏孤高な詩的空間を構築。「明治大正詩史」「美乃司祭」など評論・研究も多い。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日夏耿之介
ひなつこうのすけ
(1890―1971)

詩人、英文学者。明治23年2月22日、長野県下伊那(いな)郡飯田(いいだ)町に生まれる。本名樋口国登(ひぐちくにと)(圀登は愛用した字体で、戸籍は國登)。雅号は夏黄眠(かこうみん)、黄眠道人、聴雪盧(ちょうせつろ)主人など二十数種を数える。早稲田(わせだ)大学英文科卒業。1917年(大正6)12月、象形文字の「形態と音調との錯綜(さくそう)美」を基調とした第一詩集『転身の頌(しょう)』を刊行。ついで21年6月、第二詩集『黒衣聖母』を世に送り、自らの詩風を「ゴスィック・ローマン詩体」と称した。「月光(つきかげ) 大地(つち)に降(お)り布(し)き/水銀の液汁を鎔解(とか)しこんだ天地万物(てんちばんぶつ)の裡(あはひ)/ああ 儂(わ)が旅(ゆ)く路は/担担とただ黝(くろ)い」(「道士月夜の旅」I)。この「ゴスィック・ローマン詩体」は錬金(れんきん)叙情詩風として『咒文(じゅもん)』(1933)において完成する。
 1922年より早稲田大学文学部において教鞭(きょうべん)をとり、『英国神秘詩鈔(しょう)』(1922)、『院曲撒羅米(サロメ)』(1938)などの翻訳、二巻からなる大著『明治大正詩史』(1929)や学位論文『美の司祭』(1939)などの評論研究の分野でも優れた業績を残した。早大、青山学院大教授。52年(昭和27)、『明治浪曼(ろうまん)文学史』(1951)ならびに『日夏耿之介全詩集』(1952)により日本芸術院賞を授けられる。昭和46年6月13日没。[窪田般彌]
『『日夏耿之介全集』全8巻(1973~78・河出書房新社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の日夏耿之介の言及

【美文】より

…ふつうは〈美文韻文〉と併称する。文語定型詩の枠に盛り切れない詩想を自由に文語文で表現しようとしたもので,日夏耿之介(こうのすけ)によると,近世から明治初期に至る間に〈漢文の一般的普及と和文の近代化〉との混交という現象が進行したものを,この時期になって意識的にとらえ直したものだという(《明治大正詩史》)。散文の変革の過程で,文語文の遅れを逆手にとって磨き上げたと言うべきものだが,その文学的感度は,一時的な盛行を見せた文語定型詩のレベルにほぼ等しい。…

※「日夏耿之介」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日夏耿之介の関連キーワード日夏耿之助文学者長野県長野市上ケ屋長野県長野市桜長野県長野市鑪長野県埴科郡長野県上伊那郡辰野町樋口長野県長野市南長野長野県長野市南長野県町樋口勝彦

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日夏耿之介の関連情報