岩出山[町](読み)いわでやま

百科事典マイペディアの解説

岩出山[町]【いわでやま】

宮城県中北部,玉造(たまづくり)郡の旧町。中心は荒雄川中流の谷口集落で,伊達(だて)氏の城下町として発達,陸羽東(りくうとう)線に沿う。竹細工凍り豆腐,寒天などを特産,伊達氏学問所,旧有備館(史跡)がある。2006年3月,古川市,志田郡松山町,三本木町,鹿島台町,玉造郡鳴子町,遠田郡田尻町と合併し市制,大崎市となる。140.70km2。1万4175人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いわでやま【岩出山[町]】

宮城県北部,古川市の北西に接する玉造郡の町。人口1万5052(1995)。玉造丘陵の末端にあり,中央を江合(荒雄)川が流れる。中心集落の岩出山は江合川が大崎平野に出る谷口に位置し,北羽前街道と羽後街道が交わる交通の要地で,中世には岩手山と呼ばれ,大崎氏の家臣氏家氏の居城岩手山城があった。1591年(天正19)伊達政宗が入り,1603年(慶長8)に仙台に移るまでその居城となった。政宗は岩手山を岩出山に改め,城下町の整備を行った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android