コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩出山[町] いわでやま

百科事典マイペディアの解説

岩出山[町]【いわでやま】

宮城県中北部,玉造(たまづくり)郡の旧町。中心は荒雄川中流の谷口集落で,伊達(だて)氏の城下町として発達,陸羽東(りくうとう)線に沿う。竹細工凍り豆腐,寒天などを特産,伊達氏学問所,旧有備館(史跡)がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いわでやま【岩出山[町]】

宮城県北部,古川市の北西に接する玉造郡の町。人口1万5052(1995)。玉造丘陵の末端にあり,中央を江合(荒雄)川が流れる。中心集落の岩出山は江合川が大崎平野に出る谷口に位置し,北羽前街道と羽後街道が交わる交通の要地で,中世には岩手山と呼ばれ,大崎氏の家臣氏家氏の居城岩手山城があった。1591年(天正19)伊達政宗が入り,1603年(慶長8)に仙台に移るまでその居城となった。政宗は岩手山を岩出山に改め,城下町の整備を行った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android