コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古川[市] ふるかわ

百科事典マイペディアの解説

古川[市]【ふるかわ】

宮城県中北部の旧市。1950年市制。陸羽東線が通じる中心市街は奥州街道と羽前街道の交差する地で,宿場町,市場町として発達,慶長年間から続く定期市が,現在も春季に開かれる。東北新幹線,東北自動車道も通じる。仙北平野の低地を占め,ササニシキ,ひとめぼれなどの良質米を多産。2006年3月,志田郡松山町,三本木町,鹿島台町,玉造郡岩出山町,鳴子町,遠田郡田尻町と合併し市制,大崎市となる。134.14km2。7万3136人(2003)。
→関連項目陸羽東線

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふるかわ【古川[市]】

宮城県北部の市。1950年古川町に志田村,荒雄村,宮沢村が編入して市制。人口6万9180(1995)。大崎平野の中心部を占め,鳴瀬川,江合(荒尾)川の流域にあたり,北部に築館丘陵が張り出している。奈良時代多賀城の前進基地として玉造柵たまつくりのさく)が置かれ,室町時代には大崎氏の家臣古川氏の居館があった。近世は仙台藩領で,奥州街道の宿場町として栄え,周辺農村の商業中心として3・7・10の日には市が開かれ,三日町七日町十日町の古川三町が形成された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

古川[市]の関連キーワード播磨平野加古川鶴林寺

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android