田尻[町](読み)たじり

百科事典マイペディアの解説

田尻[町]【たじり】

宮城県中北部,遠田(とおだ)郡の旧町。東北本線が通じる。低地では水田が広がり丘陵地では畑地灌漑(かんがい)が行われる。タバコを産するほか,養豚も行われる。中沢目貝塚(史跡),木戸瓦窯跡(史跡)がある。2005年に蕪栗沼・周辺水田がラムサール条約登録湿地となる。2006年3月,古川市,志田郡松山町,三本木町,鹿島台町,玉造郡岩出山町,鳴子町と合併し市制,大崎市となる。65.59km2。1万3405人(2003)。

田尻[町]【たじり】

大阪府南西部,大阪湾に臨む泉南郡の町。泉州紡織工業地帯の一部で,紡績・織布工場が多く,電機,機械器具の工場もある。南部は泉州タマネギの特産地。南海電鉄本線が通じる。5.62km2。8085人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たじり【田尻[町]】

宮城県北部,遠田郡の町。人口1万3936(1995)。大崎平野東部にあり,北上川の支流江合(えあい)川北岸を占める。中心集落の田尻江戸時代に仙台藩の代官所が置かれた地で,宿場としても栄え,米,生糸を取引する六斎市も開かれていた。明治期の東北本線開通に際して鉄道を敬遠したため,駅は2.5kmほど中心部を離れて設けられたが,1954年の町村合併後,役場は駅前に移った。ササニシキなど良質米の産地だが,ほかに養豚が盛ん。

たじり【田尻[町]】

大阪府南西部,泉南郡の町。人口6285(1995)。大阪湾に面し,泉南平野南部を占める。面積3.77km2は府下市町村中最小。北東から南西に南海本線が走り,北側に市街地が広がる。泉南市と泉佐野市に挟まれ,1918年に紡績工場が立地して以来,急激に織物工業が発展し,今日でも泉州紡織工業地域の重要な一角を占めている。タマネギの産地としても知られる。【松原 宏】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android