コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田尻[町] たじり

4件 の用語解説(田尻[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

田尻[町]【たじり】

宮城県中北部,遠田(とおだ)郡の旧町。東北本線が通じる。低地では水田が広がり丘陵地では畑地灌漑(かんがい)が行われるタバコを産するほか,養豚も行われる。中沢目貝塚(史跡),木戸瓦窯跡(史跡)がある。

田尻[町]【たじり】

大阪府南西部,大阪湾に臨む泉南郡の町。泉州紡織工業地帯の一部で,紡績・織布工場が多く,電機,機械器具の工場もある。南部は泉州タマネギの特産地。南海電鉄本線が通じる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

たじり【田尻[町]】

宮城県北部,遠田郡の町。人口1万3936(1995)。大崎平野東部にあり,北上川の支流江合(えあい)川北岸を占める。中心集落の田尻は江戸時代に仙台藩の代官所が置かれた地で,宿場としても栄え,米,生糸を取引する六斎市も開かれていた。明治期の東北本線開通に際して鉄道を敬遠したため,駅は2.5kmほど中心部を離れて設けられたが,1954年の町村合併後,役場は駅前に移った。ササニシキなど良質米の産地だが,ほかに養豚が盛ん。

たじり【田尻[町]】

大阪府南西部,泉南郡の町。人口6285(1995)。大阪湾に面し,泉南平野南部を占める。面積3.77km2は府下市町村中最小。北東から南西に南海本線が走り,北側に市街地が広がる。泉南市と泉佐野市に挟まれ,1918年に紡績工場が立地して以来,急激に織物工業が発展し,今日でも泉州紡織工業地域の重要な一角を占めている。タマネギの産地としても知られる。【松原 宏】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

田尻[町]の関連キーワード宮城小牛田栗原佐倉高萩二戸油麩黄金山神社飛騨宮城県北部地震

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone