コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三本木[町] さんぼんぎ

百科事典マイペディアの解説

三本木[町]【さんぼんぎ】

宮城県中部,志田郡の旧町。主集落は鳴瀬川河港として発達,奥州街道要地でもあった。米を多産するほか,食用ヒマワリの栽培も行う。南部の丘陵地では亜炭を産したが,現在は閉山

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さんぼんぎ【三本木[町]】

宮城県中央部,志田郡の町。人口8589(1995)。鳴瀬川中流,大崎平野のほぼ中央を占め,古川市の南に接する。鳴瀬川北岸は低地で水田が広がり,南岸は東部を除き丘陵となる。中心集落の三本木は鳴瀬川の両岸に市街地が広がり,江戸時代は奥州街道の宿場町,また大崎米の積出港としてにぎわった。現在はササニシキなど良質米を産する水田単作地域で,酪農,養豚や食用ヒマワリの栽培なども行われる。第2次大戦中から戦後の10年間ほどは丘陵部で亜炭が採掘された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報