コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩動炎天 いするぎ えんてん

美術人名辞典の解説

岩動炎天

俳人・医師。岩手県生。本名康治。盛岡中学在学中より『ホトトギス』『俳星』などに投句。大正8年(1919)松根東洋城を岩手に招いて俳諧道場を試み、『渋柿』の句風を鼓吹する。石井露月歿後の『俳星』主幹。句集に『片雲』がある。昭和38年(1963)歿、79才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩動炎天 いするぎ-えんてん

1883-1963 大正-昭和時代の医師,俳人。
明治16年9月9日生まれ。正岡子規,石井露月に師事し,「ホトトギス」「渋柿」「俳星」などに投句。昭和3年「俳星」4代主幹,16年から「俳諧(はいかい)深耕」を主宰した。昭和38年2月3日死去。79歳。岩手県出身。京都医専(現京都府立医大)卒。本名は康治。句集に「片雲」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

岩動炎天の関連キーワード原 抱琴

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android