コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北見 きたみ

3件 の用語解説(北見の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北見
きたみ

明治2 (1869) 年に設置された北海道旧 11ヵ国の一つ。北見国(きたみのくに)。北海道北東部の広大な地域で利尻島礼文島を含む。オホーツク海宗谷海峡日本海に面し,周囲は根室,釧路,十勝,石狩,天塩の 5ヵ国に接する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きたみ【北見】

北海道の旧国名。現在のオホーツク総合振興局宗谷総合振興局の管轄地域の大半部にあたる。
北海道北東部の市。常呂(ところ)川中下流域にあり、ハッカ産業で発展。近年はタマネギの産地。平成18年(2006)3月、端野町・留辺蘂(るべしべ)町・常呂町と合併。人口12.6万(2010)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きたみ【北見】

北海道旧一一か国の一。宗谷支庁・網走支庁のほぼ全域を含む地域。
北海道北東部の市。北見盆地の中心で、農産物の集散地。商工業も発達し、文教・行政機関が集まる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北見の関連キーワード北〈区〉北一条北一条西北五条西北三条西北二条西北町北山町北四条西北栄

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

北見の関連情報