コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩城隆韶 いわき たかつぐ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩城隆韶 いわき-たかつぐ

1707-1745 江戸時代中期の大名。
宝永4年生まれ。陸奥(むつ)仙台藩主伊達吉村の甥(おい)。岩城秀隆の養子となり,享保(きょうほう)3年出羽(でわ)亀田藩(秋田県)藩主岩城家4代。稲葉迂斎(うさい)に儒学をまなび,室鳩巣(むろ-きゅうそう)門下の山宮雪楼を侍講とし,亀田藩学の基礎をきずいた。和歌,国学,書にも通じた。延享2年8月29日死去。39歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

岩城隆韶の関連キーワード岩城隆恭

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android