コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩崎盈子 いわさき えいこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩崎盈子 いわさき-えいこ

1906-1935 昭和時代前期の社会運動家。
明治39年7月19日生まれ。大阪府庁社会課につとめる。同課の上司川上貫一らの影響で社会運動にくわわるとともに,女性,児童,社会事業についての評論を発表。昭和8年大阪共産党大検挙で逮捕される。10年5月結核で死去する直前,「婦人と児童の問題」を刊行。30歳。大阪府出身。日本女子大卒。
【格言など】家庭の社会化は婦人解放の表象である(「婦人と児童の問題」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

岩崎盈子の関連キーワード社会事業

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android