コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩崎盈子 いわさき えいこ

1件 の用語解説(岩崎盈子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩崎盈子 いわさき-えいこ

1906-1935 昭和時代前期の社会運動家。
明治39年7月19日生まれ。大阪府庁社会課につとめる。同課の上司川上貫一らの影響で社会運動にくわわるとともに,女性,児童,社会事業についての評論を発表。昭和8年大阪共産党大検挙で逮捕される。10年5月結核で死去する直前,「婦人と児童の問題」を刊行。30歳。大阪府出身。日本女子大卒。
【格言など】家庭の社会化は婦人解放の表象である(「婦人と児童の問題」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

岩崎盈子の関連キーワード伊串英治伊藤千代子岡崎憲熊沢光子鈴木楯夫関淑子田所輝明服部浜次水野成横田忠夫

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone