岩本廉蔵(読み)いわもと れんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩本廉蔵 いわもと-れんぞう

1831-1916 幕末-明治時代の公共事業家。
天保(てんぽう)2年生まれ。伯耆(ほうき)弓原村(鳥取県北条町)の豪農北条砂丘の開拓,養蚕の普及,牧場の経営など地域の発展につとめる。また国会開設の建白,地租改正反対運動の指導,中等教育の研志塾の開設などにも力をつくした。大正5年1月30日死去。86歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android