コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩村高俊 いわむら たかとし

2件 の用語解説(岩村高俊の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩村高俊 いわむら-たかとし

1845-1906 幕末-明治時代の武士,官僚。
弘化(こうか)2年11月10日生まれ。岩村通俊(みちとし),林有造の弟。土佐高知藩士。戊辰(ぼしん)戦争では軍監として北陸・東北に転戦。明治7年佐賀県権令(ごんれい)となり佐賀の乱を鎮圧。のち愛知県令,福岡・広島県知事などを歴任。貴族院議員。明治39年1月4日死去。62歳。通称は精一郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

岩村高俊

没年:明治39.1.3(1906)
生年:弘化2.11.10(1845.12.8)
明治期の内務官僚,政治家。岩村通俊,林有造は実兄。慶応3(1867)年,上京して勤王運動に参加,4年1月,紀州(和歌山)藩牽制の高野山挙兵に加わる。戊辰戦争では東山道先鋒総督軍監,越後総督府軍監として軍功あり,賞典禄200石。戦後,宇都宮県神奈川県権参事,明治7(1874)年佐賀県権令に転じ佐賀の乱鎮定に功あり,台湾出兵善後処置で全権弁理大臣大久保利通に従い北京出張。以後,内務省5等出仕,愛媛県令,内務省大書記官,石川・愛知・福岡・広島の県知事を歴任,29年男爵。25年貴族院勅選議員,没年まで勤めた。

(福地惇)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

岩村高俊の関連キーワード児童雑誌後藤三右衛門(2代)スタング(父子)岩村高俊ケズウィック堀江佐吉市川寿美蔵アメリカ音楽西川扇蔵光の科学史

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone