コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩村高俊 いわむら たかとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩村高俊 いわむら-たかとし

1845-1906 幕末-明治時代の武士,官僚。
弘化(こうか)2年11月10日生まれ。岩村通俊(みちとし),林有造の弟。土佐高知藩士。戊辰(ぼしん)戦争では軍監として北陸・東北に転戦。明治7年佐賀県権令(ごんれい)となり佐賀の乱を鎮圧。のち愛知県令,福岡・広島県知事などを歴任。貴族院議員。明治39年1月4日死去。62歳。通称は精一郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

岩村高俊

没年:明治39.1.3(1906)
生年:弘化2.11.10(1845.12.8)
明治期の内務官僚,政治家。岩村通俊,林有造は実兄。慶応3(1867)年,上京して勤王運動に参加,4年1月,紀州(和歌山)藩牽制の高野山挙兵に加わる。戊辰戦争では東山道先鋒総督軍監,越後総督府軍監として軍功あり,賞典禄200石。戦後,宇都宮県・神奈川県権参事,明治7(1874)年佐賀県権令に転じ佐賀の乱鎮定に功あり,台湾出兵善後処置で全権弁理大臣大久保利通に従い北京出張。以後,内務省5等出仕,愛媛県令,内務省大書記官,石川・愛知・福岡・広島の県知事を歴任,29年男爵。25年貴族院勅選議員,没年まで勤めた。

(福地惇)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

岩村高俊の関連キーワード岩村 通俊林 有造明治時代岩村透

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android