コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩橋善兵衛 いわはし ぜんべえ

3件 の用語解説(岩橋善兵衛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩橋善兵衛 いわはし-ぜんべえ

1756-1811 江戸時代中期-後期の技術者。
宝暦6年生まれ。寛政のころ,わが国はじめての望遠鏡をつくり,「窺天(きてん)鏡」と命名。伊能忠敬(いのう-ただたか)や幕府の天文方も使用した。文化8年5月25日死去。56歳。和泉(いずみ)(大阪府)出身。名は嘉孝。号は耕珋堂(こうりゅうどう)。著作に「平天儀図解」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岩橋善兵衛
いわはしぜんべえ
(1756―1811)

江戸時代の望遠鏡製作者。和泉(いずみ)国貝塚(大阪府貝塚市)に生まれ、名は嘉孝(よしたか)、号は耕(こうりゅうどう)。眼鏡の玉を磨いてその販売を業としたが、1790年ごろ(寛政(かんせい)の初め)から望遠鏡を製作し、販売した。幕府の天文台や伊能忠敬(いのうただたか)も善兵衛のものを使用した。その性能は舶来のものにも劣らなかったという。1802年(享和2)に日月星辰(せいしん)の運行、潮の干満などの早繰り図の『平天儀』、これを解説した『平天儀図解』を著した。文化(ぶんか)8年5月25日没。[渡辺敏夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

岩橋善兵衛の関連キーワード竹田出雲(2代)ブラック頼杏坪岩橋善兵衛頼杏坪アメリカ美術藩学一覧坂東彦三郎(3代)古史伝エレキテル

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岩橋善兵衛の関連情報