コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩橋善兵衛 いわはし ぜんべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩橋善兵衛 いわはし-ぜんべえ

1756-1811 江戸時代中期-後期の技術者。
宝暦6年生まれ。寛政のころ,わが国はじめての望遠鏡をつくり,「窺天(きてん)鏡」と命名。伊能忠敬(いのう-ただたか)や幕府の天文方も使用した。文化8年5月25日死去。56歳。和泉(いずみ)(大阪府)出身。名は嘉孝。号は耕珋堂(こうりゅうどう)。著作に「平天儀図解」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いわはしぜんべえ【岩橋善兵衛】

1756~1811) 江戸後期の技術者。和泉国の人。寛政の頃本格的な望遠鏡を作る。優れた性能で幕府天文台や伊能忠敬も使用。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岩橋善兵衛
いわはしぜんべえ
(1756―1811)

江戸時代の望遠鏡製作者。和泉(いずみ)国貝塚(大阪府貝塚市)に生まれ、名は嘉孝(よしたか)、号は耕(こうりゅうどう)。眼鏡の玉を磨いてその販売を業としたが、1790年ごろ(寛政(かんせい)の初め)から望遠鏡を製作し、販売した。幕府の天文台や伊能忠敬(いのうただたか)も善兵衛のものを使用した。その性能は舶来のものにも劣らなかったという。1802年(享和2)に日月星辰(せいしん)の運行、潮の干満などの早繰り図の『平天儀』、これを解説した『平天儀図解』を著した。文化(ぶんか)8年5月25日没。[渡辺敏夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

岩橋善兵衛の関連キーワード貝塚市立善兵衛ランド技術者和泉国

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岩橋善兵衛の関連情報