コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩谷堂箪笥 いわやどうたんす

2件 の用語解説(岩谷堂箪笥の意味・用語解説を検索)

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

いわやどうたんす【岩谷堂箪笥】

岩手県の江刺地方で作られる和家具。欅(けやき)・桐(きり)材を使った重厚かつ堅牢な漆塗りの箪笥で、緻密な文様を描いた手打ち手彫りの金具が特徴。平安時代末期から作られ、1982(昭和57)年に伝統的工芸品に指定されている。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

岩谷堂箪笥

岩手県奥州市で生産される箪笥。製造の起源は奥州藤原氏が栄えた康和年間にまで遡るとされる。国の伝統的工芸品に指定。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩谷堂箪笥の関連キーワード岩手県江刺国栖紙国細工ひっつみの日チューリンガーひょっとこ踊り虎渓良乳山田次左衛門造り付け家具(作りつけ家具)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岩谷堂箪笥の関連情報