コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩谷堂 いわやどう

2件 の用語解説(岩谷堂の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岩谷堂
いわやどう

岩手県南部,奥州市北部の旧町域。北上川中流部左岸にある。 1889年町制施行。 1955年9村と合体し江刺市に,2006年4市町村と合体して奥州市となった。北上高地から江刺平野に出る人首川 (ひとかべがわ) の谷口集落として発展。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岩谷堂
いわやどう

岩手県南部、奥州(おうしゅう)市北東部の一地区。人首(ひとかべ)川の谷口集落として発展。平安時代の藤原清衡(きよひら)の豊田館(とよだのたて)跡があり、江戸時代は仙台藩北端の要地であった。手打ち加工の金具付きの岩谷堂たんすは江戸中期に始まったと伝えられ、国の伝統的工芸品に指定されている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の岩谷堂の言及

【江刺[市]】より

…岩手県中南部,北上川中流の東岸にある市。1955年に江刺郡岩谷堂町と愛宕(おだき),田原,藤里,伊手,米里,玉里,梁川,広瀬,稲瀬の1町9村が合体して江刺町となり,58年に市制。人口3万4117(1995)。…

※「岩谷堂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岩谷堂の関連情報