コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

控え/扣え ヒカエ

デジタル大辞泉の解説

ひかえ〔ひかへ〕【控え/×扣え】

時間や順番などが来るのを待つこと。待機すること。「―の間」
忘れないように書きとめておくこと。また、その書いたもの。メモ。「手帳に電話番号の―がある」
必要時のために別に用意しておくこと。また、そのもの。「―の投手」
正式の書類とは別に、写しとしてとっておくもの。「受領証の―」
建造物の支えとして補う柱・壁・杭(くい)など。「塀に―をつける」
生け花で、主な枝のほかに添えに出す枝。
石垣の、積み石の奥行き。
櫓(ろ)を操って船首を左の方に向けること。⇔押さえ
引きとめること。制止すること。
「何とぞおもしろき中程にて、神仏の御―あって」〈浮・織留・三〉
10 そばにいて加護すること。
「仏神の―にして、二度(たび)よみがへりのあるまじき事にもあらず」〈浮・新可笑記・二〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

控え/扣えの関連キーワードアサヒ辛口焼酎ハイボールバットレスダムかーさんケット城詰め・城詰やわらかパンダッグアウト気勢が上がる助柱・榰柱ダグアウト霜先の金銀行司溜まり惜しみ無い有機栽培控え屋敷補欠選手武者隠しピナクル控え邸控え杭高麗門

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android