風穴(読み)ふうけつ

日本大百科全書(ニッポニカ)「風穴」の解説

風穴
ふうけつ

山腹にあいている深くて長い横穴で、溶岩チューブ、溶岩洞ともいう。普通は火山の溶岩トンネルをさすが、鍾乳洞(しょうにゅうどう)をさしていう場合もある。火山の溶岩が流出するときに表面は早く冷えて固まるが、溶岩の内部はまだ高温で溶融状態にあるために流動を続け、その抜けた部分が空洞となって残る。富士山麓(さんろく)には溶岩トンネルによって生じた風穴が各所にあり、現在では観光名所となっている。風穴の中は夏でも外気に比べて気温が低く、氷ができていることがあり、冷たい空気が吹き出す。

[髙山茂美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「風穴」の解説

ふう‐けつ【風穴】

山腹・渓間などにあって、夏季に冷たいを吹き出す洞穴。溶岩トンネルの大きなもので、洞内の温度差による対流によって風を生じる。

かざ‐あな【風穴】

風が吹き通る穴やすきま。障子の破れ穴など。
通風・換気のために壁や窓にあけた穴。かざぬき。
山腹などにある大きな奥深い。夏、冷風が吹き出る。ふうけつ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「風穴」の解説

かざ‐あな【風穴】

〘名〙
① 空気を通すために、壁などにつけた穴。風抜きの穴。通風口。
※俳諧・毛吹草(1638)六「寒き夜の風穴(カザアナ)ふさぐ置火哉〈忠也〉」
② 山腹などに発見される熔岩トンネルなどの奥深い穴。夏は涼風が吹き出る。地学では、「ふうけつ」という。
※随筆・諸国里人談(1743)五「岩窟あり。深さ量なし。常に烈風あり。よって風穴と号す」
③ 風の吹き通すすきまや、やぶれ穴。
※俳諧・口真似草(1656)第八「風(カザ)穴ふさぎ寒さふせがん 尺八とりてこたつの火吹竹〈梅盛〉」

ふう‐けつ【風穴】

〘名〙
① 昔、中国で、北方にあって寒風を発生すると想像された土地。
※本朝文粋(1060頃)九・於鴻臚館餞北客詩序〈大江朝綱〉「梯山航海。凌風穴之煙嵐
② 溶岩トンネルの大きなもの。夏は涼しく、氷の保存などに利用されることがある。かざあな。風洞。〔日本風景論(1894)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の風穴の言及

【溶岩トンネル】より

…溶岩トンネルの内部は平滑で,水平な段がついている場合がある。富士山の青木ヶ原溶岩などにみられる風穴,氷穴,人穴などと呼ばれる洞穴の多くは溶岩トンネルである。【荒牧 重雄】。…

※「風穴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android