コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウツロ

デジタル大辞泉の解説

うつろ【洞】

戦国時代、領主領民の組織した共同体一門一族。

とう【洞/道】[漢字項目]

〈洞〉⇒どう
〈道〉⇒どう

どう【洞】[漢字項目]

常用漢字] [音]ドウ(慣) トウ(漢) [訓]ほら
〈ドウ〉
筒形に抜け通る穴。ほらあな。「洞窟(どうくつ)洞穴洞門空洞風洞鍾乳洞(しょうにゅうどう)
奥深い場所。婦人の部屋。また、仙人の住まい。「洞房・洞天」
奥底まで見抜く。「洞見洞察
〈トウ〉仙人の住まい。「仙洞
〈ほら〉「洞穴
[難読]雪洞(ぼんぼり)

ほら【洞】

がけ・岩・大木などにできた、中のうつろな穴。ほらあな。「木の

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

うつろ【洞】

戦国時代の東国の有力領主層が,領域支配実現のために,一家,一門を中心に周辺の非血縁者をも結集させた一種の擬制的な同族的地縁共同体。この言葉は15世紀末~17世紀初期に特徴的に登場し,近世幕藩体制の成立とともに消滅する。その登場地域は東国に集中しており,しかも使用主体は小山,結城,宇都宮佐竹,伊達,岩城,白河結城,蘆名,最上氏などの旧族領主層が中心で,後北条氏のような新興勢力の場合にはまったく見られない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

うつろ【洞】

〔中世語〕
一家一門。一族仲間。 〔日葡〕

ほら【洞】

中がうつろな穴。ほらあな。洞窟。
谷。渓谷。 〔新撰字鏡〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のの言及

【面】より

…朝鮮で郡の下,(洞)の上の地方行政区画。日本の村にあたる行政団体。…

【里】より

…【鎌田 元一】
[朝鮮]
 最下級の地方行政区画。〈洞〉とも称し,漢城(ソウル)では〈契〉と称した。本来は自然村落であり,自治団体的性格が強い。…

※「洞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

洞の関連キーワード高知県香美市土佐山田町逆川秋芳洞(しゅうほうどう)滋賀県長浜市余呉町菅並塗り回し床・塗回し床沖縄県南城市玉城前川福島県相馬市西山秋田県大館市山田トンティンフートンティン湖洞様毛細血管三洞・四輔硬膜静脈洞シヌソイド西園寺実雄松浦亀太郎人見友元洞房結節藤原実雄ぼんぼり狩野洞英

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

洞の関連情報