岩高蘭(読み)ガンコウラン

デジタル大辞泉の解説

がんこう‐らん〔ガンカウ‐〕【岩高×蘭】

ガンコウラン科の常緑小低木。高山に自生し、高さ約10センチ。茎は地をはう。葉は線形で堅く、密に互生する。雌雄異株で、初夏、暗紅色の花をつける。実は丸く、紫黒色に熟し、甘酸っぱい。ジャムなどにする。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

がんこうらん【岩高蘭】

ガンコウラン科の常緑低木。北海道と本州の高山帯に自生。高さ10~25センチメートル。多数枝分かれして地をおおう。葉は線形で密に互生する。初夏、茎頂付近の葉腋に淡紅色の小花を開く。雌雄異株。果実は小球形で黒熟し、多汁で甘味があり、生食し、またジャム・果実酒にする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android