岸本芳武(読み)きしもと よしたけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「岸本芳武」の解説

岸本芳武 きしもと-よしたけ

1860-1918 明治-大正時代の吉備楽(きびがく)演奏家。
万延元年3月20日生まれ。岸本芳秀の子。父から吉備楽をまなび,京都で三鼓,琵琶(びわ),篳篥(ひちりき),(しょう)をおさめる。父とともに吉備楽を完成し,普及させた。大正7年4月18日死去。59歳。備前(岡山県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android