コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島原模様 シマバラモヨウ

3件 の用語解説(島原模様の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しまばら‐もよう〔‐モヤウ〕【島原模様】

和服で、襟先から衽(おくみ)・前裾(まえすそ)にかけて置いたはでな模様。京都島原の遊女の衣装から始まったという。千代田模様。島原褄(つま)模様。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しまばらもよう【島原模様】

〔京都島原の舞妓まいこが着始めたという〕
裾模様の置き方の一。襟先から衽おくみ・前裾に及ぶ派手な模様。島原褄つま模様。千代田模様。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

島原模様
しまばらもよう

(すそ)模様が、ややはでに胸から肩のあたりにかけて伸び上がったもので、島原褄(つま)ともいう。島原褄は、江戸で好まれた江戸褄に対して、京都の島原の舞妓(まいこ)に早くから好まれたもの。1781年(安永10)版の『雛形曙桜(ひいながたあけぼのざくら)』(松田屋彦市画)にこの模様がみられるが、明和(めいわ)~天明(てんめい)年間(1764~89)にかけて流行したものであろう。村元雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

島原模様の関連キーワード襟先襟下襟丈逆衽袖丈前幅合褄衽下り前裾右前

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone