コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島原模様 シマバラモヨウ

デジタル大辞泉の解説

しまばら‐もよう〔‐モヤウ〕【島原模様】

和服で、襟先から(おくみ)・前裾(まえすそ)にかけて置いたはでな模様。京都島原の遊女の衣装から始まったという。千代田模様。島原褄(つま)模様。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しまばらもよう【島原模様】

〔京都島原の舞妓まいこが着始めたという〕
裾模様の置き方の一。襟先から衽おくみ・前裾に及ぶ派手な模様。島原褄つま模様。千代田模様。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

島原模様
しまばらもよう

(すそ)模様が、ややはでに胸から肩のあたりにかけて伸び上がったもので、島原褄(つま)ともいう。島原褄は、江戸で好まれた江戸褄に対して、京都の島原の舞妓(まいこ)に早くから好まれたもの。1781年(安永10)版の『雛形曙桜(ひいながたあけぼのざくら)』(松田屋彦市画)にこの模様がみられるが、明和(めいわ)~天明(てんめい)年間(1764~89)にかけて流行したものであろう。村元雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

島原模様の関連キーワード裾模様江戸褄和服

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android