コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島村弘堂 しまむら こうどう

1件 の用語解説(島村弘堂の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島村弘堂 しまむら-こうどう

1822-1876 江戸後期-明治時代の儒者。
文政5年1月2日生まれ。但馬(たじま)(兵庫県)出石(いずし)藩校弘道館にまなぶ。大坂で藤沢東畡(とうがい)らに師事し,弘道館の教授となる。のち勘定奉行,少参事をつとめた。明治9年1月28日死去。55歳。本姓は下村。名は鼇。字(あざな)は千金。通称は慊甫,衡平。著作に「弘堂詩文稿」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

島村弘堂の関連キーワード秋月の乱スラブ音楽柏木如亭斎藤方策レジナイトシンプレクタイト組織真珠岩粗粒玄武岩三雲遺跡ペドロ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone