コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島村弘堂 しまむら こうどう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島村弘堂 しまむら-こうどう

1822-1876 江戸後期-明治時代の儒者。
文政5年1月2日生まれ。但馬(たじま)(兵庫県)出石(いずし)藩校弘道館にまなぶ。大坂で藤沢東畡(とうがい)らに師事し,弘道館の教授となる。のち勘定奉行,少参事をつとめた。明治9年1月28日死去。55歳。本姓は下村。名は鼇。字(あざな)は千金。通称は慊甫,衡平。著作に「弘堂詩文稿」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

島村弘堂の関連キーワードおもなお雇い外国人宇田川榕菴日本の医学史(年表)徳富蘇峰近・現代ラテンアメリカ史(年表)リットン秋月の乱アトランタ・ブレーブスエジソン(アメリカの発明家)シカゴ・カブス

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android