コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島津久籌 しまづ ひさとし

1件 の用語解説(島津久籌の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島津久籌 しまづ-ひさとし

1827-1911 幕末-明治時代の武士,神職。
文政10年5月18日生まれ。島津登の子。薩摩(さつま)鹿児島藩永吉郷(ながよしごう)領主。島津久光につかえ,大目付となる。第1次幕長戦争では藩の先鋒(せんぽう)副総督をつとめる。慶応3年(1867)若年寄として藩兵をひきいて京都を警備。鳥羽・伏見の戦いののち,藩の軍務を統轄。維新後,霧島神宮宮司(ぐうじ)をつとめた。明治44年9月26日死去。85歳。通称は権五郎,主殿,又七。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

島津久籌の関連キーワード桂太郎内閣カニング冬の旅マキシモヴィッチナバリノの海戦カニング岩石区スバル辛亥(しんがい)革命武昌起義

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone