コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島津忠雅 しまづ ただまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島津忠雅 しまづ-ただまさ

1703*-1784 江戸時代中期の大名。
元禄(げんろく)15年12月1日生まれ。島津惟久(これひさ)の子。享保(きょうほう)8年(1723)日向(ひゅうが)(宮崎県)佐土原(さどはら)藩主島津家6代となる。寛永寺浄円院を普請し,藩政では家臣や寺社の知行をあらためた。天明4年5月15日死去。83歳。初名は忠就。通称は又四郎

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

島津忠雅の関連キーワードティチング唐来参和萩原宗固豊竹若太夫小野寺十内アルンシュタット竹本座バンク・オブ・アメリカ政策担当秘書有松

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone