島秀之助(読み)シマヒデノスケ

デジタル大辞泉の解説

しま‐ひでのすけ【島秀之助】

[1908~1995]プロ野球選手・審判。兵庫の生まれ。法大で活躍後、昭和10年(1935)名古屋金鯱(きんこ)軍に入団。昭和13年(1938)に審判員転向。2リーグ分立の昭和25年(1950)セリーグ初代審判部長に就任。審判員として通算2605試合に出場した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島秀之助 しま-ひでのすけ

1908-1995 昭和時代のプロ野球選手,審判。
明治41年6月21日生まれ。法大で外野手として活躍し,昭和5年の初優勝に貢献。11年金鯱(きんこ)に入団したが肩をこわし,13年審判に転向。25年セリーグ審判部長。55年の退任まで2605試合に出場し,審判技術の向上,後進の指導につくした。平成元年野球殿堂入り。平成7年12月26日死去。87歳。兵庫県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

島秀之助の関連情報