コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島重養 しま しげかい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島重養 しま-しげかい

1812-1883 江戸後期-明治時代の神職。
文化9年11月6日生まれ。島重老(しげおい)の長男。出雲(いずも)大社の上官職をつぐ。父に国学,歌学などをまなび,和歌にすぐれた。明治5年の世襲の上官職廃止以降は,同社の禰宜(ねぎ)となる。明治16年3月29日死去。72歳。初名は重胤(しげたね)。通称は兵庫,海老夫。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

島重養の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android