コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

崩積土 ほうせきどcolluvial soil

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

崩積土
ほうせきど

斜面上の風化物がクリープなど重力の作用によって斜面下方に移動・堆積(たいせき)した、角礫(かくれき)混じりの非常に淘汰(とうた)の悪い堆積物。およびそれを母材とする土壌。崩土(ほうど)ともいう。主として緩斜面下で堆積面を構成するが、地すべり末端部の地すべり土塊や急斜面の崩壊性堆積物あるいは崖錐(がいすい)堆積土までも含めて広義に使う場合もある。しかし、斜面上の風化残留物(風化残積土)までは含めない。[岩松 暉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

崩積土の関連キーワード深層崩壊地すべり岩松

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android