コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

崩積土 ほうせきど colluvial soil

3件 の用語解説(崩積土の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

崩積土
ほうせきど
colluvial soil

急傾斜した山麓や崖などの基部に,風化物質が重力の作用で崩落堆積して生じた岩屑性の土壌。運積土の一種。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

崩積土
ほうせきど

斜面上の風化物がクリープなど重力の作用によって斜面下方に移動・堆積(たいせき)した、角礫(かくれき)混じりの非常に淘汰(とうた)の悪い堆積物。およびそれを母材とする土壌。崩土(ほうど)ともいう。主として緩斜面下で堆積面を構成するが、地すべり末端部の地すべり土塊や急斜面の崩壊性堆積物あるいは崖錐(がいすい)堆積土までも含めて広義に使う場合もある。しかし、斜面上の風化残留物(風化残積土)までは含めない。[岩松 暉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

崩積土の関連キーワードシャラ鎌尾根急傾斜ロイポン岩屑土崖錐角礫岩急傾斜地崩壊危険区域琴海[町]ノジギク傾斜天井

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone