コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

犀角 サイカク

4件 の用語解説(犀角の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さい‐かく【×犀角】

サイの角(つの)。漢方で、粉状にして解熱・鎮静・解毒薬に用いる。黒色と白色とがあり、黒色のものを烏犀角(うさいかく)と称して珍重した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

犀角【さいかく】

(1)サイの角(つの)。著名な漢方薬。烏犀角(黒色),水犀角(白色)がある。クロサイ,インドサイ等の角の薄片・粉末などは,かつて解毒・解熱の高貴薬とされた。日本にはインドから中国大陸を経て伝来。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

さいかく【犀角】

犀のつの。魔よけなどのまじないや飾りに用いた。
犀のつのを粉にしたもの。漢方の高貴薬で、解毒薬・解熱薬として用いられた。黒色のものを上等とし、烏犀角うさいかくという。現在はワシントン条約により使用できない。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

犀角
さいかく

サイ科動物の角(つの)を用いた漢薬で、古代中国の『神農本草経(しんのうほんぞうきょう)』では中品に収載されている。漢方では、これを粉末あるいは薄片に削り、解熱、解毒などの薬効で使用する。利用される角はインドサイRhinoceros unicornisのものが良品とされ、烏犀角(うさいかく)と称されるが、現在では生息数が少なく、動物保護の点からも希品である。またクロサイDiceros bicornisのものは水犀角(すいさいかく)とよばれ、烏犀角に比して質がやや密で、劣品とされる。角は毛束(もうそく)が変化したものであるが、その有効成分は未詳。民間では麻疹(ましん)(はしか)の特効薬として煎(せん)用される。[難波恒雄・御影雅幸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

犀角の関連キーワードインド犀犀角の帯さいの鹿の角切り草根木皮草薬我慢の角鹿の角動脈硬化と漢方薬大黄甘草湯

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

犀角の関連情報