コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

敦賀市 つるが

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

敦賀〔市〕
つるが

福井県中央部にある市。敦賀湾に臨む敦賀平野を中心に,周辺の野坂山地,木ノ芽山地,敦賀半島東半部を占める。1937年敦賀町と松原村が合体,市制施行。1955年東浦村,東郷村,中郷村,愛発村,粟野村の 5村を編入して現市域となる。市名は古代以来の港名。中心市街地は扇状地末端にあり,湧水が見られる。日本海有数の良港を擁し,畿内と北陸を結ぶ交通路の要地でもあったため,古代から栄え,渤海使節を接待する松原客館が置かれた。近世には米,大豆,塩干物,茶などの交易が盛んで,北海道の松前こんぶを加工した「おぼろこんぶ」は,今日も特産となっている。1899年開港場に指定,1902年ロシアのウラジオストクとの間に定期航路が開設された。豊富な地下水に依存した合成繊維,地元の石灰石を利用したセメント,化学,水産加工などの工業がある。敦賀半島の先端浦底に敦賀原子力発電所,その西の白木に高速増殖炉もんじゅ」が立地。常宮神社気比神宮のほか,国指定名勝の気比の松原,柴田氏庭園,西福寺書院庭園,国指定史跡の金ヶ崎城跡,武田耕雲斎等墓,中郷古墳群など観光資源も多く,近隣の海岸一帯とともに若狭湾国定公園に属する。中池見湿地杉津海岸一帯は越前加賀海岸国定公園に属する。JR北陸本線,小浜線,国道8号線,東部を北陸自動車道が通る。面積 251.39km2。人口 6万6165(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

つるが‐し【敦賀市】

敦賀

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

敦賀市の関連キーワード福井県敦賀市木ノ芽町福井県敦賀市鋳物師町福井県敦賀市泉ケ丘町福井県敦賀市桜ケ丘町福井県敦賀市観音町福井県敦賀市衣掛町福井県敦賀市鉄輪町福井県敦賀市岡山町福井県敦賀市奥麻生福井県敦賀市河原町福井県敦賀市清水町福井県敦賀市呉羽町福井県敦賀市古田刈福井県敦賀市呉竹町福井県敦賀市公文名福井県敦賀市櫛川町福井県敦賀市国広町福井県敦賀市大比田福井県敦賀市小河口福井県敦賀市市野々

敦賀市の関連情報