コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊東燕晋 いとうえんしん

世界大百科事典 第2版の解説

いとうえんしん【伊東燕晋】

1761‐1840(宝暦11‐天保11)
江戸後期の講釈師。伊東派の始祖。通称仙右衛門,号を詞莚。湯島天神の境内に住んでいたので〈湯島の燕晋〉とも呼ばれた。自宅を釈場として,得意とする《川中島軍記》《源平盛衰記》《三国志》《曾我物語》など軍記,記録物を読んだ。謹厳な人柄と風格が多くの客の支持を受け,1806年(文化3)の将軍徳川家斉墨田川御成りの節,弘福寺御膳所で上講,寄席に高座を設けることを出願して官許となった。文才にも長じていた。【矢野 誠一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊東燕晋
いとうえんしん
(1761―1840)

江戸後期の講釈師。伊東派の祖。江戸・湯島天神境内の自宅で講釈を行ったので、湯島の燕晋とよばれる。諸侯方へ出入りし、他の講釈場には出演せず、読み物も『曽我(そが)物語』『三河後風土記(みかわごふどき)』などに限り、古格を守り、将軍家斉(いえなり)にも召された。寺社寄場(よせば)稼業の惣代(そうだい)として、1807年(文化4)乞胸頭(ごうむねがしら)山本仁太夫、非人頭車善七と争い勝訴、以後その支配を脱した。その際に、従来使用のたびごとに移動していた講釈場の高座を備え付けのものとするよう願い出、許可されるなど、釈界に貢献した。[延広真治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の伊東燕晋の言及

【講談】より

…このころまでに宝井,貞山,神田,松林(しようりん),伊東,桃川,田辺など今日まで続く講釈師の系列も出そろい,各流派がそれぞれの芸を競い合った。伊東燕晋(えんしん)は,講釈師は芸人ではなく指導者であるというプライドをもち,湯島天神境内の自宅で威儀を正して《太平記》《川中島軍記》《三国志》などを読んだ。伊東派からは2代目燕凌(えんりよう),潮花(ちようか),初代桃川如燕(じよえん)が出た。…

※「伊東燕晋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

伊東燕晋の関連キーワード伊東燕凌(2代)山本仁太夫川中島合戦伊東 燕尾桃川如燕講談

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android