コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川俣晃自 かわまた こうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川俣晃自 かわまた-こうじ

1917-1999 昭和-平成時代の劇作家,小説家,フランス文学者。
大正6年8月16日生まれ。都立大,独協大教授をつとめる。小説「般若心経」が中央公論新人賞の佳作となり,昭和41年「関東平野」で岸田国士戯曲賞。「チェーホフ―その生涯と作品」などの翻訳もある。平成11年7月5日死去。81歳。栃木県出身。東京帝大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

川俣晃自の関連キーワードカロリング朝ルネサンスカール(大帝)ル・コスタリカフランク王国カネッティゴルドマン劇作家

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android