コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川崎洋 カワサキヒロシ

デジタル大辞泉の解説

かわさき‐ひろし〔かはさき‐〕【川崎洋】

[1930~2004]詩人・放送作家。東京の生まれ。詩誌への投稿のかたわら昭和28年(1953)茨木のり子らと「櫂(かい)」を創刊。昭和32年(1957)から文筆活動に入る。詩やラジオドラマの執筆のほか、方言の収集にも注力した。詩集「はくちよう」「ビスケットの空カン」、絵本「それからのおにがしま」、随筆かがやく日本語の悪態」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川崎洋 かわさき-ひろし

1930-2004 昭和後期-平成時代の詩人,放送作家。
昭和5年1月26日生まれ。「母音」「詩学」に投稿し,昭和28年茨木のり子らと「(かい)」を創刊。詩集「はくちよう」,放送詩劇「魚と走る時」などをかき,32年から放送台本を中心に文筆生活にはいる。62年詩集「ビスケットの空カン」で高見順賞。方言の採集などでも知られ,平成10年「日本方言詩集」「かがやく日本語の悪態」ほかで藤村記念歴程賞。放送作品で芸術選奨文部大臣賞など受賞多数。平成16年10月21日死去。74歳。東京出身。西南学院専門学校(現西南学院大)中退

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

川崎洋の関連キーワードてぶくろくろすけそれからの鬼ヶ島麻生三郎北村太郎桜井聖流行語川崎白鳥

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

川崎洋の関連情報