コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川本宇之介 かわもと うのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川本宇之介 かわもと-うのすけ

1888-1960 大正-昭和時代の教育者。
明治21年7月13日生まれ。東京聾唖(ろうあ)学校長,国立聾教育学校長をへて昭和26年東京教育大国府台(こうのだい)分校主事兼同大講師となる。心身障害児教育の義務化につくす。聾児の発音,発声などを研究して「聾唖教育学精説」「聾言語教育新講」などをあらわした。昭和35年3月15日死去。71歳。兵庫県出身。東京帝大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かわもとうのすけ【川本宇之介】

1888‐1960(明治21‐昭和35)
障害児教育の功労者。兵庫県出身。東京大学文学部教育学科を卒業。1920年文部省に入り,盲聾教育,図書館,青少年団関係を担当,22年欧米盲聾教育の調査研究に派遣される。帰国後,日本聾口話普及会の設立(1925)など口話法の普及,発展に指導的役割を果たす。42年東京聾啞学校長に就任。第2次大戦後は,教育刷新委員会委員として特殊教育の義務化に貢献したほか,大学における盲聾教育などの教員養成課程の設置にも尽力。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

川本宇之介の関連キーワード公民教育昭和時代教育者

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android