特殊教育(読み)とくしゅきょういく

日本大百科全書(ニッポニカ)「特殊教育」の解説

特殊教育
とくしゅきょういく

日本では、特殊教育は障害児(者)教育と同義に用いられてきた。

 しかし、2006年(平成18)6月に学校教育法が改正されたのに伴って、2007年4月から、特殊教育を継承・発展させるものとして特別支援教育へと制度改正が行われた。したがって、現在では、これまでの特殊教育のことは、特別支援教育といわれる。

 特殊教育の対象となった障害は、視覚障害(盲(もう)・弱視)、聴覚障害(聾(ろう)・難聴)、肢体不自由、知的障害、病弱・身体虚弱、言語障害、情緒障害、重度重複障害である。特別支援教育においては、これらの障害に加えてLD(学習障害)、ADHD(注意欠陥多動性障害)や知的発達に遅れのない自閉症も対象にしている。

 ところで、アメリカやヨーロッパなどでは、通常の範囲外にある児童を特殊教育の対象に考えているので、天才児、優秀児の教育も特殊教育のなかに含めている。この傾向はアメリカのほか、イギリス、オーストラリア、台湾などにもみられる。なお、以前は、非行少年の教育(矯正教育)を特殊教育のなかに含めたケースもあり、特殊教育の概説書のなかに非行関係が含まれていたことがあった。

[佐藤泰正]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「特殊教育」の解説

とくしゅ‐きょういく ‥ケウイク【特殊教育】

〘名〙 心身に障害があるために教育上特別な取り扱いを必要とする児童・生徒のための教育。教育の場としては、盲学校、聾学校、養護学校および特殊学級がある。障害児教育。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「特殊教育」の解説

とくしゅ‐きょういく〔‐ケウイク〕【特殊教育】

心身に障害があるため、教育上特別な配慮を必要とする児童・生徒のための教育。平成19年(2007)から「特別支援教育」に改められた。
[補説]視覚障害・聴覚障害・知的障害・肢体不自由・病弱・言語障害・情緒障害などの障害を対象とし、障害の種類や程度に応じて盲学校聾学校養護学校特殊学級が設けられた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の特殊教育の言及

【障害者教育】より

…心身に障害をもつ人びとにたいする教育の総称。児童・生徒に関しては,日本の場合学校教育法に規定されており,この教育を特殊教育special educationと呼んでいる(第6章)。以下,障害をもつ子どもにたいする教育を中心に述べる。…

※「特殊教育」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android