コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川西函洲 かわにし かんしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川西函洲 かわにし-かんしゅう

1801-1842 江戸時代後期の儒者。
享和元年4月9日生まれ。三河(愛知県)挙母(ころも)藩士。竹村悔斎(かいさい)に師事し,さらに江戸の昌平黌(しょうへいこう)にまなび,藩校崇化館の儒官となる。朱子学をとなえて藩主内藤政優(まさひろ)と学説を異にし辞任,天保(てんぽう)13年2月19日自刃(じじん)。42歳。本姓は中井。名は潜。字(あざな)は士竜。通称は確助,三助。編著に「唐宋八大家文格」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

川西函洲 (かわにしかんしゅう)

生年月日:1801年4月9日
江戸時代後期の儒学者
1842年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

川西函洲の関連キーワード森宇左衛門生年月日儒者

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android