コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川部粛之助 かわべ しゅくのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川部粛之助 かわべ-しゅくのすけ

1831-1868 幕末の武士。
天保(てんぽう)2年生まれ。播磨(はりま)(兵庫県)林田藩士。藩儒の河野鉄兜(てっとう)にしたがって諸藩に遊学し,儒学や詩文をおさめる。帰藩後,藩校敬業館の助教となる。鳥羽(とば)・伏見の戦いに第二小隊の副隊長として従軍。慶応4年4月京都で病死した。38歳。名は充。通称は別に千二。号は旆川(はいせん)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

川部粛之助の関連キーワード戊辰戦争ジョードンウェーラー緒方惟準天野八郎井上石見楢山佐渡ネーピア(男)明治早竹虎吉(初代)

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone