コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巣湖 そうこ

3件 の用語解説(巣湖の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

巣湖
そうこ

「チャオ (巣) 湖」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

巣湖【そうこ】

中国,安徽省中部の大湖。別名焦湖。周囲200km。多くの河川が流入し,南東部から運漕河として流出,長江に通ずる。沿岸は中国有数の米作地帯。湖の東に巣湖市がある。
→関連項目合肥

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

巣湖
そうこ / チャオフー

中国、安徽(あんき)省中部、皖中(かんちゅう)平原北部にある湖。鳥の巣の形をしていることからこの名がある。別称焦湖(しょうこ)。面積約820平方キロメートル。第四紀中期に構造盆地が沈降して形成された。西方の丘陵より杭埠(こうふ)河、南(なんひ)河など多くの川が流入し、東から運漕(うんそう)河(裕渓(ゆうけい)河)により揚子江(ようすこう)に流出する。雨期には揚子江の水が逆流するが、1960年代に水門が相次いで完成し、洪水を防いでいる。周囲には網の目のように水路網が発達した広大な水田地帯が広がる。魚やエビ、カニが豊富で、灌漑(かんがい)、水運にも利用される。近年、巣湖開発公司(コンス)が設立され、灌漑、養殖、観光事業などの総合開発に取り組んでいる。また湖中にある姥山(ぼざん)・姑山(こざん)などの島のほか、旧跡にも富み、風光明媚(めいび)の地として知られる。[林 和生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の巣湖の言及

【安徽[省]】より


[自然]
 南西の湖北省との境には大別山地があり,それより派出する霍山(かくざん)が北東に低く延び断続的につづく丘陵群(江淮丘陵)を形成する。山地より丘陵に移行する南側は陥没地となり,中央に巣湖(面積820km2)がある。この大別山地から江淮丘陵に至る線で,省域は北部の淮河流域と南部の長江流域に二分される。…

※「巣湖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

巣湖の関連キーワード安徽省安徽派安徽安慶九州淝水臨淄祁門蚌埠華東

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone