コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

左褄 ヒダリヅマ

2件 の用語解説(左褄の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひだり‐づま【左×褄】

着物の左身頃(みごろ)の褄。
芸者の異称。→左褄を取る

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の左褄の言及

【芸者】より

…出先(料理屋,待合など)からの招請は検番を通す例が多く,その場合は代金の清算も検番が行う。芸者の別称ともなった〈左褄(ひだりづま)〉は,着物をはしょらずに着るために戸外を歩くときは左手で褄をとる所作に基づくが,裾を引いた〈出〉の衣装を着て約束(予約)の席へおもむく習慣がすたれるとともに,左褄を見ることはまれとなった。【原島 陽一】
[中国の妓女]
 中国では芸者のことを妓女(ぎじよ)という。…

※「左褄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

左褄の関連情報