左褄(読み)ヒダリヅマ

大辞林 第三版の解説

ひだりづま【左褄】

和服の左の褄。
〔左手で着物の褄を持って歩くことから〕 芸者の異名。 「 -を取る(=芸者ニナル。芸者勤メヲスル)」 「近き頃迄烏森に-取りたる花吉の変形なり/火の柱 尚江

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ひだり‐づま【左褄】

〘名〙
① 着物の左の方の(つま)
※俳諧・花見車(1702)二「左づまにしゃんとつかみあげ、大事の所の見ゆるもかまはず、くんくゎつなるとりなり」
② (近世後期、左手で褄を取って歩くところから) 芸者のこと。
滑稽本・八笑人(1820‐49)三「左り褄のちょこちょこ歩行(あゆみ)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の左褄の言及

【芸者】より

…出先(料理屋,待合など)からの招請は検番を通す例が多く,その場合は代金の清算も検番が行う。芸者の別称ともなった〈左褄(ひだりづま)〉は,着物をはしょらずに着るために戸外を歩くときは左手で褄をとる所作に基づくが,裾を引いた〈出〉の衣装を着て約束(予約)の席へおもむく習慣がすたれるとともに,左褄を見ることはまれとなった。【原島 陽一】
[中国の妓女]
 中国では芸者のことを妓女(ぎじよ)という。…

※「左褄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android