コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

半玉 ハンギョク

デジタル大辞泉の解説

はん‐ぎょく【半玉】

玉代(ぎょくだい)が芸者の半額である、まだ一人前でない芸者。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

半玉【はんぎょく】

舞妓(まいこ)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

はんぎょく【半玉】

まだ一人前として扱われず、玉代ぎよくだいも半人分である芸者。おしゃく。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

半玉
はんぎょく

芸者見習い中の少女の俗称。雛妓(おしゃく)ともいう。玉代(ぎょくだい)(遊興費)が芸者の半額であるため半玉という。9~10歳で住み込みの「仕込みっ子」となり、雑用や遊芸稽古(けいこ)を数年経て、半玉となって座敷へ出た。友禅の着物を裾(すそ)を引かずに着て、赤襟をかけるのを通例とした。踊りと太鼓を演じるが、三味線は弾かない。大半は16歳で芸者となった。現在は少女保護の各種法規の制約で、年齢的に存在しえない。[原島陽一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の半玉の言及

【舞妓】より

…じゅばんは赤襟で,一本の芸子になることを襟替えといい,その際,白襟にかわる。玉代は,他の雛妓が芸者の半額で,半玉(はんぎよく)と呼ばれるのに対し,芸子と同額である。発生的には元禄(1688‐1704)以前から,江戸の踊子に対して京の舞妓(舞子)があり,踊子は芸者に変わったが,京都では芸子となったほかに年少の振袖姿の小妓に舞妓の名が残ったものであろう。…

※「半玉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

半玉の関連キーワード吉田 玉松(3代目)久松 喜世子藤本 二三吉高岡 智照小山 初代田村 西男花柳小菊まり千代みな子襟替え一本えり玉代小妓御酌赤襟

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

半玉の関連情報