コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巨赤芽球性貧血と悪性貧血 きょせきがきゅうせいひんけつとあくせいひんけつ

家庭医学館の解説

きょせきがきゅうせいひんけつとあくせいひんけつ【巨赤芽球性貧血と悪性貧血】

 ビタミンB12や葉酸(ようさん)が体内で不足すると、造血細胞(ぞうけつさいぼう)での赤血球(せっけっきゅう)の産生がうまくいかず、通常の赤血球よりもずっと大きい、巨赤芽球といわれるものなどが現われてきます。
 こうした異常な赤血球は、成熟しないうちに死んでしまうことが多く、このために貧血がおこってきます。
 昔は治療法が見つからず、そのために悪性貧血と呼ばれていたのですが、その後、レバー(肝臓)を食べるとよく治ることがわかり、これに巨赤芽球性貧血という名称がつけられました。
 しかし、それでも治らない貧血があります。これは、胃液に含まれる因子(胃内因子)が不足しているために、ビタミンB12の吸収障害でおこることがわかり、今日では、これによる貧血を、悪性貧血(あくせいひんけつ)といい、胃を大きく切除して数年以上たっておこります。

出典 小学館家庭医学館について 情報

巨赤芽球性貧血と悪性貧血の関連キーワードビタミンB12と代謝異常ビタミンB12ビタミンB

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android