コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巨赤芽球性貧血と悪性貧血 きょせきがきゅうせいひんけつとあくせいひんけつ

1件 の用語解説(巨赤芽球性貧血と悪性貧血の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

きょせきがきゅうせいひんけつとあくせいひんけつ【巨赤芽球性貧血と悪性貧血】

 ビタミン12や葉酸(ようさん)が体内で不足すると、造血細胞(ぞうけつさいぼう)での赤血球(せっけっきゅう)の産生がうまくいかず、通常の赤血球よりもずっと大きい、巨赤芽球といわれるものなどが現われてきます。
 こうした異常な赤血球は、成熟しないうちに死んでしまうことが多く、このために貧血がおこってきます。
 昔は治療法が見つからず、そのために悪性貧血と呼ばれていたのですが、その後、レバー(肝臓)を食べるとよく治ることがわかり、これに巨赤芽球性貧血という名称がつけられました。
 しかし、それでも治らない貧血があります。これは、胃液に含まれる因子(胃内因子)が不足しているために、ビタミンB12の吸収障害でおこることがわかり、今日では、これによる貧血を、悪性貧血(あくせいひんけつ)といい、胃を大きく切除して数年以上たっておこります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

巨赤芽球性貧血と悪性貧血の関連キーワードビタミンB12プロビタミン脂溶性ビタミン水溶性ビタミンビタミンMビタミンB群後天性ビタミンB12欠乏ビタミンB12欠乏プロビタミンA水溶性ビタミン (water soluble vitamins)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone