差分(読み)さぶん

精選版 日本国語大辞典「差分」の解説

さ‐ぶん【差分】

〘名〙
① 中国、古代の算法の名。九数(九章)の一つ。品級にがあるものに公平に割り当てる貴賤の稟税の割当を計算するのに用いた。衰分。〔周礼注‐地官・保氏〕
和算における手法の一つ。今日、比例配分を行なう際、および鶴亀算を解く際に用いられるものに相当する。しゃぶん。衰分。〔広益熟字典(1874)〕
数学で、与えられた数列の隣り合う二項の差を次々に取って作られた数列の、もとの数列に対する。第一差分または第一の差分ともいう。第一差分の差分をもとの数列の第二(階の)差分、第二差分の差分をもとの数列の第三(階の)差分などと称する。また、関数 f(x) および定数hに対して、f(x+h)-f(x) を f(x) の差分と呼ぶ。この場合にも、第二(階の)差分、第三(階の)差分などを定義することができる。階差

さし‐わ・く【差分】

(「さし」は接頭語)
[1] 〘他カ四〙
① ことさらにする。わざとする。
※源氏(1001‐14頃)若菜下「人をしも、さしわきて、空酔ひをしつつかくのたまふ」
② 違いを区別する。また、特別に扱う。
※宇津保(970‐999頃)国譲下「これかれつどはれてさわがしかりしほどは、さしわきたるやうなりしかば、え」
[2] 〘他カ下二〙
① (一)②に同じ。
※千里集(894)「さだめなく吹きくる風をさしわけてなどかしづけき人につくらむ」
② 分ける。分割する。
※太平記(14C後)七「其勢三千余騎を指分(サシわけ)て、水の辺に陣を取せ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典「差分」の解説

差分

ファイルやプログラムなどの、変更前と変更後の違いのことをいう。プログラムの修正などでは修正分のことを指す。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「差分」の解説

差分
さぶん
difference

階差あるいは定差ともいう。一般に x の関数 yf(x) において,有限な一定値 Δx をとって,Δyf(xΔx)-f(x) とおくとき,Δy を関数 f(x) の x における差分という。さらに Δyx の関数と考えられるから,Δyx における差分 Δ(Δy) を考え,これを Δ2y と書く。 Δyy の第1差分 (第1階の差分) ,Δ2yy の第2差分 (第2階の差分) という。同様にして y の第 n 差分は

ΔnyΔn-1f(xΔx)-Δn-1f(x)

と定義される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

IT用語がわかる辞典「差分」の解説

さぶん【差分】

従来のソフトウェアをもとにして、一部を変更したり拡張したりした次世代のソフトウェアがあるとき、次世代ソフトウェアと従来ソフトウェアの違いの部分。◇差分データを抜き出すことを「差分をとる」という。⇒パッチ

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

世界大百科事典内の差分の言及

【差分法】より

…定数h≠0に対して, ⊿f(t)=f(th)-f(t)をf(t)の1階差分(単に差分,定差,階差ともいう)といい,差分を求めることを差分するという。この定義において,t,h,f(t)は複素数であってもよい。…

【方程式】より

のようにφを未知関数と考えて方程式の中に積分記号が出てくるものを積分方程式という。関数y(x)に対して⊿y(x)=y(x+1)-y(x)を差分,⊿2y(x)=⊿(⊿y(x))=y(x+2)-2y(x+1)+y(x)を第2階差分といい,⊿2y(x)-⊿y(x)=2y(x)のように差分が出てくる方程式を差分方程式という。また,f(x)+f(y)=f(xy)のように微分や積分や差分をまったく含まない関数方程式もある。…

※「差分」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

侍ジャパン

国際野球試合における野球日本代表の愛称。SAMURAI JAPAN(サムライ・ジャパン)とも記される。国際野球連盟(IBAF)主催・公認の各種大会・試合に出場し、オリンピックでは1984年のロサンゼル...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android