コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

差額関税 さがくかんぜいdifferential tariff

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

差額関税
さがくかんぜい
differential tariff

現行の関税体系のなかで,輸入品の課税価格と一定額との差額税額とする特別な関税。国産品保護と価格安定との調和をはかることが目的である。この関税を適用すると,輸入品の価格が上下しても国内市場には一定水準価格で輸入品が出回ることになる。反面,低価格の輸入意欲を抑制してしまう欠点がある。日本では豚肉,ハムなどについて適用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さがく‐かんぜい〔‐クワンゼイ〕【差額関税】

国内の養豚業者を保護するため、価格の安い輸入豚肉にかける関税。国内の流通価格を参考に世界貿易機関と交渉して基準価格を設定し、輸入肉が基準を下回ればその差額を関税として課税する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

差額関税の関連情報