コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市井三郎 いちい さぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市井三郎 いちい-さぶろう

1922-1989 昭和時代後期の哲学者。
大正11年6月18日生まれ。科学哲学を研究。昭和21年「思想の科学」にくわわり,鶴見俊輔らと中心メンバーとなる。26年ロンドン大学に留学,ポッパーに師事。36年成蹊大教授。近代を独自の歴史哲学から分析,時代の転換点での「キー-パーソン」の重要性を説いた。平成元年6月28日死去。67歳。大阪出身。阪大卒。著作に「哲学的分析」「歴史の進歩とはなにか」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

市井三郎の関連キーワードラッセル(Bertrand Arthur William Russell)ホワイトヘッド(Alfred North Whitehead)イギリス哲学アメリカ哲学ボルツマン市井 三郎象徴人類学社会工学シンボルサマビル統一科学ポパー